ソフトバンク・グラシアルが貴重な適時打 復調のきっかけとなるか

西日本スポーツ

 ◆ロッテ3-7ソフトバンク(26日、ZOZOマリンスタジアム)

 今季5度目の2番で起用されたグラシアルが終盤に貴重な追加点をたたき出した。

 7回2死三塁で東條のスライダーを中前に運び、リードを4点に広げた。常に「チームに貢献したい」と口にする助っ人が言葉通り勝利を引き寄せる一打を放った。

 適時打は17日の日本ハム戦以来、8試合ぶり。9月の月間打率は2割3分3厘と苦しんでいる。貴重な適時打を復調のきっかけにしたいところだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ