特命アビスパ応援団長が指摘 J1昇格へ「前回」上回るペース

西日本スポーツ

西スポ特命アビスパ応援団長 よしもと芸人・ケン坊田中コラム「VAMOS」

 前節の群馬戦は何かと共通点の多いダービーマッチでした。アビ“スパ”とザ“スパ”のスパダービー。キャプテンマークを巻いていたのは福岡が前選手で群馬は大前選手でマエマエダービー。そして何よりザスパのベンチはコーチが久藤さん、監督は奥野さん、GKコーチは小島さんと、選手やコーチ、監督として福岡に所属していた方ばかりでした。

 負けられない戦いは、絶対的な守護神のセランテス選手に代わって出場した村上選手が無失点に抑え、増山選手の素晴らしいゴールで勝ちきることができました。1週間で2試合をこなす過密日程が続いていますが、今の福岡は誰が出場しても遜色ないプレーができます。前節から入れ替わったメンバーが活躍し、それが刺激になって次の試合に出た選手も奮闘する。いいサイクルが生まれてきています。長谷部監督が目指す「全員攻撃全員守備」をみんなで体現しているんです。

 6連勝で前半戦の21試合を終えて11勝4分け6敗の勝ち点37で4位。実は昇格を果たした2015年は21節を終えた時点で9勝6分け6敗の同33で7位だったんです。失速はありましたが、5年前を上回るペースで勝ち点を積み上げています。

 そんな上り調子で3位の長崎との対決です。15年はJ1昇格プレーオフ準決勝で勝ってアビスパが昇格。17年には長崎が自動昇格を勝ち取り、プレーオフに回った福岡は涙をのみました。昇格を懸けて好勝負を演じるライバル。しかも亀川選手、加藤大選手と元アビ戦士もおり、絶対に負けられません。ここは前節に続いて増山朝陽選手のゴールに期待しましょう。朝陽(あさひ)はさらに高く昇っていくでしょう。

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング