2日連続白星でチーム最多タイ5勝 西武連勝の立役者を辻監督ほめた

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 ◆西武5-1楽天(26日、メットライフドーム)

 総力継投でアクシデントを乗り越えた。先発ノリンが1回、わずか8球で降板。そこから救援7投手をつなぎ、12球団最多得点の楽天を1点に抑えての2連勝に、辻監督は「苦しい思いをして抑えたら自信になるし、力になる」とうなずいた。

 2回の投球練習中にノリンが左肩に強い張りを訴えたため、緊急登板した中塚が3回までの2イニングを1失点と試合をつくった。「正直びっくりした」と驚きながらも、「チャンスをいただいたので、何とか自分の投球ができるように」と燃えた。

 その後は左腕小川、今季初登板の国場、ルーキー宮川が無失点でつないだ。同点の7回は森脇が三者凡退。辻監督が「(救援陣が)1-1が続くところで投げてくれて良かった」とたたえた好投に応え、その裏に打線が3点を勝ち越した。

 2日連続で勝利投手の森脇は高橋光、平井と並ぶチームトップの5勝目。「白星は素直にうれしい。四球を出さなかったことが良かった」。好投が続く右腕を、辻監督も「3人でポン、ポン、ポンと切ってくれたらリズムが出る」と評価した。

 レギュラーシーズンも終盤戦に入り、首位ソフトバンクとは8ゲーム差。リーグ3連覇は厳しい状況だが、底力は誰もが認めるところ。投手陣が踏ん張ったこの日のようなしぶとい白星を積み重ねて、王者の意地を見せる。 (伊藤瀬里加)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング