西武ドラフト1位で野手指名の可能性 渡辺GMが言及、防御率リーグワーストも

西日本スポーツ

 西武は28日、全国各地区の担当スカウトによる編成会議をリモートで開き、来月26日のドラフト会議へ向けた指名候補選手の動向などを確認した。

 会議後、オンラインで取材に対応した渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)は「リストの選手たちの現在の評価と将来性をみんなで共有した」と説明。候補に挙げているのは約100選手で、1位指名候補の絞り込みはこれからだという。

 チームの補強ポイントについて渡辺GMは「現在の状況から考えると当然先発ピッチャーになってくるけど、長い目でという考え方もある。そこら辺は話し合いで決めていきたい」と話した。

 課題の投手陣はチーム防御率4・44で今季も現時点でリーグワースト。一方で「ここ最近はピッチャーを中心に上位指名した中で順調に戦力となっているところもある。ある意味、野手という選択肢もないことはない」と野手の1位指名にも含みを持たせた。

 西武は2013年のドラフト会議で大阪桐蔭高の捕手・森を単独1位指名したのを最後に、6年連続で1位指名の投手が入団している。

 

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング