「また一つ引き出しが増えた」工藤監督

西日本スポーツ

 ◆楽天2-6ソフトバンク(29日、楽天生命パーク宮城)

 -栗原が決勝3ラン。

 若い子たちがいい働きをしてくれた。栗原君にいい本塁打が出て、本人も出られないことには悔しい思いをしたと思う。こうやって出た時に結果が残って僕もうれしかったですし、打撃コーチもうれしかったのではないか。

 -千賀は力投。

 きょうは特別調子がいいわけではなかった。本人も言っていたが、その中で修正できたと。そういうことがしっかりできるようになれば、試合をつくることができるし、チームの勝ちに結び付けることもできる。いいことがたくさんある。10回投げれば、8回はよくない。マウンドの上で修正できることが大事。それができるようになったのは、彼の中でまた一つ引き出しが増えたのでは。

 -3カードぶりの初戦勝利。

 週の初めに勝つことがチームにとって大きいこと。この勝利は大きい。明日投げる投手(涌井)は前回は攻略したが、その前は抑えられている。向こう(楽天)も並々ならぬ思いを持ってこの3連戦を戦ってくる。それを上回らないと勝ちはないので。

 -長谷川はいつでも出場できる状態か。

 打つ方は。守りの方はチェックしないといけないところもある。最後の回で右投手がきたらいく予定だったが、左投手だったので、あえてというところではないかなと。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ