西武ついに自力V消滅…痛恨の3ラン2発で逆転負け

西日本スポーツ

 ◆ロッテ6-3西武(3日、ZOZOマリンスタジアム)

 西武が逆転負けを喫し、今季89試合目で自力優勝の可能性が消滅した。

 2回に栗山のソロで先制。5回は敵失から木村の2ランで2点を加えた。新外国人ギャレットは来日初先発して3回途中まで投げ無失点。その後は小川、平井が無失点でつないだ。

 ところが宮川が回をまたいだ6回につかまり、福田秀に同点3ラン被弾。続く7回には森脇が安田に勝ち越し3ランを浴びた。

 打線は6回以降、ロッテ救援陣攻略の糸口をつかめず、3点を追う9回は無死二塁と抑えの益田を攻めたが、後続が倒れた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング