日本文理大が実質V9、開幕から無傷で“2季ぶり”優勝

西日本スポーツ

 九州地区大学野球選手権北部大会(西日本新聞社など後援)は3日、大分県の別府市民球場で最終週第1日の3試合を行った。

 日本文理大が久留米工大を2-0で破って9勝無敗として、現制度となって2季ぶり9度目の優勝を決めた。昨秋まで8季連続優勝だったが今春のリーグ戦がコロナ禍の影響で中止されたため、2季ぶりとなる。

 日本文理大は11月7日から福岡市のSGマリンフィールド東浜で行われる九州大学選手権に出場し、明治神宮大会(11月20日開幕)出場を目指す。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング