場内どよめき…女子短距離にまた新星 驚きの急成長、「圏外」から日本歴代3位 (3ページ目)

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 ◆日本女子短距離の現状 100、200メートルの日本記録保持者で、北京、ロンドン、リオデジャネイロと五輪3大会連続で出場を果たしてきた福島千里がリオ五輪後は低迷が続いており、代わるエースといえる存在は出てきていない。個人で東京五輪参加標準記録(100メートル11秒15、200メートル22秒80)を突破している選手はおらず、女子400メートルリレーでも出場権を得られていない。自国開催の五輪に誰も送りこめないピンチに陥っている。現在はコロナのため五輪参加記録の採用は中断されているため、個人での出場のためには12月1日以降に参加標準記録を突破する必要がある。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング