J1昇格を占う大一番「ほこたて」ダービー 過去の結果は一方的だが…

西日本スポーツ 松田 達也

 J2のアビスパ福岡とギラヴァンツ北九州は4日、福岡市のベスト電器スタジアムで対戦する。2位北九州と3位福岡は勝ち点2差。J1昇格圏内を争う「福岡ダービー」となり、過去のダービー以上に激しいバトルが必至だ。

 クラブタイ記録の8連勝と波に乗る福岡の武器は堅守。19失点はリーグ最少タイで、上島とドウグラスグローリのセンターバックは、ともに身長185センチ超の高さと強さがある。上島は「チーム全体で連動した守備ができている」と自信をみなぎらせる。

 対照的に北九州はリーグ3位の36得点という攻撃力が持ち味。ただ中盤で攻撃を組み立てる高橋大が出場停止。チーム最多10得点のディサロは、故障で2戦連続欠場中。小林監督は2日、ディサロについて「近々、チームに合流する」と説明したが出場は不透明だ。

 福岡ダービーだった2月の開幕戦は、北九州のホームに両チームのサポーター1万3574人が集まった。今回は新型コロナウイルスの影響で、ビジター席は設けられない。過去の対戦成績は11試合で福岡が9勝2敗と圧倒。データ通りの結果となるか、北九州が覆すのか。大一番となりそうだ。 (松田達也)

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング