ソフトバンク川瀬が死球で起き上がれず、場内凍り付く

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-日本ハム(4日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク・川瀬への死球で場内が凍り付いた。

 1点リードの6回無死一塁で初球送りバントの構え。堀の投球が右胸から脇腹付近を直撃し、もんどり打って倒れ込んだ。

 コーチ陣やトレーナーが駆け寄ったがしばらく起き上がれず、付き添われてベンチ裏へ。それでも治療の上、グラウンドに駆け出ると、安堵(あんど)の拍手で迎えられた。

 この回から登板の堀は1死も取れず降板。真砂が送りバントを失敗したが、なおも1死一、二塁から周東に3ランが出た。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ