西武思わぬピンチ、ベースに野手入らず牽制球が転々

西日本スポーツ

 ◆西武-ソフトバンク(6日、メットライフドーム)

 西武が連係ミスであわや同点のピンチを招いた。

 先発の高橋光が1点先制直後の6回、ソフトバンク・釜元に初安打を許し2死一塁。次打者・周東の時に釜元がスタートを切った後で思いとどまり、飛び出した格好になって捕手・森が一塁けん制した。

 ところが一塁手・メヒアがベースに入らず、慌てたか森の送球もややファウルゾーン寄りにそれ、フェンスに当たって右翼まで転々。思わぬ形で2死二塁となったが、高橋光が周東を中飛に仕留めて事なきを得た。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング