J2福岡の山岸が移籍の理由を語る「悩んだが…」山形でチーム得点王

西日本スポーツ

 J2山形から福岡に完全移籍した山岸祐也(27)が7日、全体練習に合流し、J1昇格に貢献する意気込みを語った。

 千葉県出身の山岸は今季の山形でチームトップの6ゴールを決めているストライカー。「J1でプレーしたいという思いが強い。福岡にはその可能性がある。自分の良さを出して昇格に貢献すれば、成長できると感じた。悩んだが、覚悟を持ってきた」と突然の移籍の理由を明かした。

 福岡の今季の総得点は28。上位クラブはほとんどが30を超えており、得点力が課題になっている。180センチの長身に加え、足元の技術も自信を示し、「味方を生かし、生かされることができるのが特徴」と力を込めた。

 チームはクラブ記録をさらに更新する10連勝をかけ、10日のアウェー甲府戦に臨む。山岸は「チームの中でどういうプレーができるか想像している。100パーセントを出したい」と言い切った。長谷部監督も「能力が高いし、チームの戦術にフィットすると思う」と山形と同じく背番号11を背負うFWに期待を寄せた。(松田達也)

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング