2連敗中のソフトバンクが松田宣の適時打で先制

西日本スポーツ

 ◆西武-ソフトバンク(8日、メットライフドーム)

 ソフトバンクが松田宣の11打席ぶりの安打で先制した。2回に西武先発の今井を攻め、先頭の栗原が右翼線への二塁打。甲斐の送りバントで1死三塁と好機を広げ、松田宣がスライダーを左翼線に運ぶ適時二塁打を放った。

 西武に連敗したここ2試合は7打数無安打に終わっていたベテランは「チャンスで打てて良かった。甘めの球を打ち返すことができた」と口にした。直後に同点とされただけに「すぐに追い付かれてしまったけど、もう一回勝ち越せるようにしたい」と続けた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ