本拠地無敗のソフトバンク・ムーアが6回途中3失点で降板 ダイビング素手キャッチの気迫も及ばず

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ロッテ(9日、ペイペイドーム)

 ここまで本拠地無敗(5戦4勝)の戦歴を誇るソフトバンクの先発ムーアが6回途中3失点で悔しい降板となった。

 初回は内野安打から3連続四死球の押し出しで先制点を献上。バックの失策で2点目を失ったが、無死満塁で利き腕の左腕をいっぱいに伸ばしてのダイビング素手キャッチを披露すると、後続も断って追加点は許さなかった。

 2回以降は立ち直ったが、球数が100球を超えて迎えた6回に再び捕まった。先頭の田村の中前打から招いた2死三塁で、藤原に高めに浮いた真っすぐを右前に運ばれる適時打。拮抗(きっこう)した展開で痛恨の3点目を失った。

 「2ストライク後にヒットを打たれたり、四死球で走者を出したり、リズムに乗ることができなかった。毎回マウンドで修正しようとしたが、うまくいかなかった。今日からの試合が大事だということも、チームが遠征後の移動ゲームということも分かっていたけど、ミスの多い試合になってしまった」。8奪三振の力投も及ばずにここで降板となり、悔しい表情でベンチへと退いた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ