西武バッテリー賞コンビの絆 4連投増田を救った森の一言

西日本スポーツ

 ◆楽天2-5西武(9日、楽天生命パーク宮城)

 西武の増田が今季初の4日連続登板の4連投で26セーブ目を挙げた。

 3点リードの9回に登板。2死一、二塁のピンチを招いたが、代打黒川に全6球の真っすぐ勝負。最後は150キロで空振り三振に仕留めた。「(森)友哉がマウンドに来たとき、『真っすぐは走っている』と言ってくれたので、押し切ろうと思った」。昨季ともにバッテリー賞を獲得した森の一言が勇気づけた。

 ゲームセットを迎えると、森にごめんと謝るようなしぐさも見せた。これについては「状態自体は悪くなかったけど、ちょっとボールが多く、決め球が甘くなって打たれた。そういうところで『ごめん』と謝りました」と年下の捕手をいたわった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング