西武辻監督「頼りになる鉄人」4日連続登板の守護神への約束は

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆楽天2-5西武(9日、楽天生命パーク宮城)

 どんな状況であろうが白星を運ぶ。それが守護神と呼ばれる男の役割である。3点リードの9回2死一、二塁。今季初の4日連続登板となった増田が、代打黒川に全6球真っすぐ勝負で空振り三振に仕留めた。「(森)友哉が真っすぐが走っていると言ってくれたので、押し切ろうと思った。最後はチームが勝てればいい」と表情が緩んだ。

 1点リードで7回からのブルペン勝負。セットアッパーの平良を体の張りで欠いていた。7回の宮川、8回の森脇が0を刻むと、当たり前のように増田は9回のマウンドへ向かった。「投手はみんなで助け合いながらチームに貢献できればと思う」。辻監督は「頼りになる。鉄人だから」と最大級の賛辞を贈りながら「でもこれが限度。明日はゆっくり休んでもらう」と守護神の休養を約束した。

 増田は負け知らずの3勝26セーブ。「数字の面は考えずにチームに1試合でも多く貢献したい」と力を込めた。最大8まで膨らんだ借金は8月5日以来の1まで減らした。10日に勝てば、楽天と入れ替わり3位浮上&5割復帰だ。辻監督は「やっと1まできた。あと一つ勝てば5割復帰という目標ができた。明日頑張ります」。一気にAクラスまで駆け上がる。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング