ソフトバンクいきなり攻勢、ロッテ井口監督は早々継投

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ロッテ(10日、ペイペイドーム)

 ゲーム差なしで迎えたパ・リーグ首位攻防の一戦は、首位ソフトバンクが序盤にリードを奪った。

 ロッテ先発の左腕・中村稔に対し、2回1死から川島が安打で出塁。続く松田宣の二塁打で川島が長駆ホームインして先制した。さらに栗原が2ラン。3連打で3点を先行した。

 ロッテ井口監督はこの回限りで中村稔を諦め、3点ビハインドの3回から右腕・古谷にスイッチした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ