西武ドラ3新人の松岡初昇格「心臓が浮きました」武蔵の林昌勇異名

西日本新聞

 西武は11日、ドラフト3位新人の松岡洸希投手(20)を今季初めて出場選手登録した。

 松岡はBC武蔵から入団。サイド右腕は「武蔵の林昌勇(イム・チャンヨン)」の異名をとった。イースタンでは15試合に登板し、1勝2敗、防御率7・71。

 松岡は「初昇格は、昨日電話で聞きました。聞いた時は、びっくりして飛び跳ねましたね! 心臓が浮きました(笑)

 僕は投げっぷりが一番のセールスポイントだと思っています。ストレートを思いっきり投げていきたいです」とコメントした。

 代わって、ノーゲームとなった10日の楽天戦(楽天生命パーク宮城)で3回を投げた榎田大樹投手(34)の出場選手登録を抹消した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング