西武高橋光、3戦3敗日本ハムに今度こそ 規定投球回目前も「チームのため」

西日本スポーツ

 西武でチーム最多の6勝を挙げている高橋光成投手が13日の日本ハム戦(札幌ドーム)で「4度目の正直」に挑む。チームはここまでこのカード6勝12敗と大苦戦しており、高橋光も3戦全敗、対戦防御率は9・22。いずれも上沢との投げ合いで黒星を喫している。

 カード頭を託される右腕は「ファイターズは打者個人個人ではなくチームで連動して攻めてくる印象があるが、自分としては打者一人一人をしっかり抑えることに集中して、打線のつながりを切っていけるようにしたい」と意気込んだ。

 ここまで投球イニングは92回で規定投球回(チーム試合数)には3イニング足りない。チームは今季残り25試合。自身の残りの登板数を考えれば初の規定投球回クリアには少しでも長くマウンドに立つのが理想だ。それでも「個人の記録はあまり意識しすぎないように、チームの勝利のために自分ができることを考えながら投げたい」とコメントした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング