西武ドラフトは今年も競合覚悟か 1位筆頭候補、近大・佐藤をGM視察

西日本スポーツ

 西武がドラフト1位の最有力候補に近大の佐藤輝明内野手(4年・仁川学院)を挙げていることが12日、分かった。昨年まで6年連続で投手を1位指名しており、野手の1位となれば2013年の森(大阪桐蔭高)以来、7年ぶりとなる。

 12日は渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)が関西学生野球秋季リーグの立命大戦を視察し、通算13本塁打のリーグタイ記録(1982年以降の新リーグ)を見届けた。14日は後藤スカウトが12球団の大トリで面談を行い、熱意を伝える方針だ。

 佐藤は巨人や阪神なども1位候補に挙げており、競合必至。渡辺GMは9月28日の編成会議後、「最近は投手を中心に上位指名して順調に戦力となっているところもある。ある意味、野手という選択肢もないことはない」と話していた。

 西武は過去10年で1位指名が競合した年が4度あり、くじ引きで交渉権を当てたのは10年の大石達也が最後。昨年は4球団競合の佐々木朗希(ロッテ)を逃し、外れ1位で2球団が競合した宮川哲の交渉権を獲得した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング