陸上ニューヒロインが振り返る苦難の歩み 女子200V鶴田「自分の中にあった」言葉

西日本スポーツ 片岡 寛

 新潟市で1~3日にあった陸上の日本選手権で女子200メートルを日本歴代3位の23秒17で制した鶴田玲美(23)=南九州ファミリーマート=が12日、出身校の鹿児島女子高(鹿児島市)を訪れ、優勝を報告した。

 体育館での優勝セレモニーでは在校生約850人に拍手で迎えられ、「高2で出した自己ベストを大学に入っても更新できなかったり、チーム内ですら勝つことができなかったり、苦しい時期もあった。こういった結果を残せたのは鹿女子のスローガン『耐雪梅花麗』(雪に耐えて梅花麗し)の精神が自分の中にあったから」と語った。

 式典後、今後の目標について「来季も日本のトップレベルの方々と競い合えるように、高いレベルで競技ができたら。五輪は視野に入れつつ、今自分がやるべきことをしっかりやりたい」と口にした。 (片岡寛)

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング