ソフトバンク板東、右肘手術で今季絶望 全治4カ月

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは13日、板東湧梧投手(24)が12日に横浜市内の病院で、右肘の鏡視下骨棘および遊離体切除術を受けたことを発表した。復帰までは4カ月の見込み。

 板東は2年目の今季プロ初登板を果たし、8月6日の楽天戦(楽天生命パーク)で初勝利を挙げるなど15試合に登板して2勝2敗2ホールド、防御率2・56の成績だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ