ソフトバンク千賀10Kで6回0封「久しぶりにいい感覚」

西日本スポーツ

 ◆オリックス-ソフトバンク(14日、京セラドーム大阪)

 ソフトバンクの先発千賀が6回4安打無失点、今季5度目の2桁10奪三振と力投を見せた。

 0-0の3回、福田の中前打に失策も絡んで1死三塁のピンチを迎えたが、続く1番佐野を遊ゴロに打ち取り、三塁走者が本塁憤死。2番のT-岡田は二ゴロで、得点を許さなかった。

 なおも0-0で迎えた6回は1死後、T-岡田の内野安打から連打で一、二塁とされながら、いずれも得意のフォークボールで4番吉田正を遊直、モヤを二ゴロに仕留めた。

 前回登板から中7日で迎えたマウンド。「久しぶりにいい感覚で投げることができた。ストライクゾーンで勝負できたし、フォークボールがしっかり低めに決まってくれた」と納得顔だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ