ソフトバンク4連勝!球団タイ記録3戦連続完封勝利 2位ロッテ敗れ3ゲーム差

西日本スポーツ

 ◆オリックス0-4ソフトバンク(14日、京セラドーム大阪)

 首位ソフトバンクが接戦をものにして4連勝。敗れた2位ロッテとのゲーム差を「3」に広げた。

 序盤は互いに拙攻。オリックスは3回、福田の中前打に中堅手・柳田の後逸が重なり1死三塁としたが、後続が倒れた。ソフトバンクは直後の4回無死一塁で柳田が左飛。フルカウントでスタートを切っていた川島が戻りきれず併殺となった。

 その後はオリックス・山崎福、ソフトバンク・千賀の両先発が粘って根比べ。7回に山崎福が連続四球で2死満塁のピンチを招き降板、代わった荒西の代打・長谷川への初球が暴投となり、ソフトバンクが1点を勝ち越すと、なおも満塁から柳田が走者一掃の3点二塁打を放って突き放した。

 千賀は6回10奪三振で無失点。その後も救援陣が無失点リレーで2011年以来9年ぶり、球団タイ記録の3戦連続無失点勝利となった。千賀は8勝目(6敗)。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ