「千賀のおかげで救われた」痛恨失策の柳田、ベンチで伝えた「謝謝」

西日本スポーツ 倉成 孝史

 ◆オリックス0-4ソフトバンク(14日、京セラドーム大阪)

 3年ぶりの覇権奪回へ投打が「一丸」となった。7回だ。2死満塁で登板した2番手荒西の暴投で先制点を奪い、再び四球で塁を埋めると、柳田が感謝の思いをバットに込めた。3番手山田に追い込まれながら、6球目の直球を捉えた強烈な打球が左中間を突破。走者一掃の3点二塁打だ。

 最近の投手陣の安定感を考えれば、この一打で勝負はほぼ決まった。「今日は千賀のおかげで救われた。打てたことはたまたまだけど、何とかしたいという気持ちだけだった」。チームを勝ちに導くことは主軸の仕事だが、自分の一打よりチームの4連勝と千賀の8勝目を心から喜んだ。

 絶対に打たなければいけない理由があった。「冷や汗」をかいたのは3回の守備だった。1死から9番福田が放った両チーム初安打となる中前打へのチャージが中途半端になり、高くバウンドした打球が頭上を通過。一気に三進(記録は中前打と柳田の失策)されたが、ここを千賀が踏ん張り無失点で切り抜けた。

 安堵(あんど)の表情でベンチへ戻ると、照れ隠しもあったのか「シェイシェイ(謝謝)」となぜか中国語で感謝の気持ちを千賀に伝えた。バツが悪かったのには、理由がある。8月11日のオリックス戦では、川瀬が1イニング2失策を犯した5回に千賀が一挙6失点。試合中に落ち込む川瀬を「おまえは悪くない。(打たれた)千賀が悪い」とエースを責めることでかばった。

 この試合では6回に逆転の14号3ラン。チームを勝利に導き、若手もエースも救った。そして今回は、その時に責めた千賀に救われ、そして救った。「もう本当に今日は(千賀に)頭が上がりません」。投打の柱の「助け合いの心」は、3年ぶりのリーグ優勝へ突き進むチームにとって大きな大きな武器だ。 (倉成孝史)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ