引退のヤクルト五十嵐から連絡「すいません、と」工藤監督

西日本スポーツ

 ◆オリックス4-9ソフトバンク(15日、京セラドーム大阪)

 -6回に松田宣の代打で川瀬が犠打に成功。

 よく決めてくれた。プレッシャーのかかるところ。同点でもあったし、よくやってくれた。ナイスバント。

 -バレンティンの代打で長谷川を起用。

 投手が代わった場面だったので。あそこが勝負だなと思っていた。いやあ、すごかった。

 -長谷川は初の満塁弾。

 代打満塁本塁打を見るのは僕も久しぶりだと思う。追い込まれながらもよく打った。

 -コロナ感染で約1カ月のブランクがあった。

 休む時間が長いほど生きた球を打つのは難しいと思う。僕はバッターではないけど、投手でも1週間投げなければなかなか戻るのに時間がかかる。試合で感覚を取り戻すのは大変。そういう中でもああやって打てるのはさすがだなと。

 -存在感がある。

 ベテランの力は大きい。プレッシャーがかかるほど、しっかり落ち着いて打てる。メンタルの力もある。チームにとっても若手にアドバイスしてくれて、存在も大きい。自分が出て打ってとなれば、チームにより勢いがつく。ただ満塁ホームランは想像していなかった。右中間を抜けてくれたかなと思っていたら、そのはるか上をいった。

 -ヤクルトの五十嵐が引退会見。

 本人からも連絡があった。「監督の年までやりたかったんですけどすいません」と。彼だったら指導者になっていくと思うので、誰かが受け継いでいい投手が出てくると思う。日米通算で900試合以上投げている投手。その強さも若い人に伝えてあげて、投手コーチになるかは分からないけど、いい指導者になってほしい。長い間ご苦労さまでしたと。これからも野球界のために頑張ってほしい。お疲れさまでした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ