J1昇格争いどうなる 生き残り懸け「北九州VS長崎」直接バトル

西日本スポーツ 松田 達也

 J2で3位の北九州と4位長崎による九州ダービーが17日、北九州のホーム、ミクニワールドスタジアム北九州で開催される。J1昇格圏の2位福岡とはともに勝ち点6差。生き残りを懸けた大一番となる。

 北九州は夏場に9連勝という猛烈な勢いで勝ち点を重ねたが、ここにきて失速。6戦勝ちなしと苦境に陥った。ボールをつないで攻めるサッカーに相手の警戒が強まる中、攻守に本来の姿が出し切れていない。

 長崎は開幕4連勝のスタートダッシュで序盤は首位に立ちながら、中盤戦以降は勝ち点が伸び悩んだ。9月は8戦勝ちなし。前半戦はわずか3敗だったチームが、後半戦は既に5戦3敗(2勝)と思うように勝ち点を増やせていない。

 総得点、総失点も大差はなく、決め手を欠く試合が続いている点でも共通する。開幕2戦目の対戦時はホームの長崎が北九州に勝利した。ホームで今回は戦う北九州の小林監督は「われわれのエネルギーに、もう一度火をつける試合になる」と意気込んだ。

 長崎の手倉森監督は「お互い、踏ん張りどころは同じタイミングと考えていると思う。それが、この試合」と言い切る。負ければ昇格争いからの脱落に傾き、勝てば再浮上のぶつかり合い。激しい生存競争が九州ダービーを熱くする。 (松田達也)

PR

V・ファーレン長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング