西武攻撃中に不具合 メットライフドームのビジョン表示消える

西日本スポーツ

 ◆西武-オリックス(16日、メットライフドーム)

 メットライフドームでスタンドがざわつくシーンがあった。

 8回裏の西武攻撃中、先頭で打席に入った1番金子のカウント2-1の場面で突如、バックスクリーン上の大画面の表示が消えた。審判団が集まり「メインビジョンの不具合のため、調整しています」とのアナウンスが流れた。

 画面は消えたまま試合は続行。結局、金子は四球を選び出塁した。2番源田を挟み、ビジョンは3番森の打席で復旧した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング