「僕も見た記憶がないんで」工藤監督

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク7-3楽天(16日、ペイペイドーム)

 -初回に6連打で4得点。

 素晴らしい攻撃だった。塩見君の変化球をしっかりと自分のタイミングで打てていた。今までなかなか攻略できずに苦労した投手の一人だったので、よく打ってくれた。

 -すべて単打で6連打も珍しい。

 僕もあそこまで単打でつながるというのは見た記憶がないんで。塩見君には2回やられていたので、みんなが自分のタイミングで打てたし、球種の待ち方もよかったと思う。

 -6連打は変化球を打った。

 チームとして(の方針)というところもあるけど。彼の持ち球は落ちる球はあと大きく曲がるカーブ。ランナーがいるときはそういう球を投げてくるというところもあった。みんなしっかりとタイミングを合わせて打ってくれた。

 -102試合で97通りのオーダー。

 打線を組み替えているのは、コーチともしっかりシミュレーションした中で組んでいる。調子だったり相性だったり対戦成績だったり得点圏打率だったり。そこが良い選手をなるべく中央に集めていきながら打線がつながるよう考えてやっている結果がこれくらい(の組み合わせ)になっているのかなと。

 -今年ずっと口にしていたつながりが出た。

 理想的すぎる攻撃だった。意外と移動ゲームでは打率が高いというのもあった。それを信じてきょうは打ってくれると思っていました。

 -勝ちパターンを温存できた。

 そこも大きい。競るゲームも当然ある。そういう時にしっかりつぎ込めるように。休めるときはなるべく休ませる。そこも考えながら。

 -6連勝。まずはカード勝ち越しを目指す。

 連勝うんぬんよりも、まずはこの3連戦で勝ち越すことが大事。何よりまだ厳しい戦いは続く。一戦一戦しっかり戦っていかないと、どこで足元をすくわれるか分からない。今のパ・リーグは大きな実力差もない。今シーズンは120試合というところもある。これから一戦一戦が重くなり、大事になってくる。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ