6連勝のソフトバンク、流れ傾いた初回の守備/斉藤和巳

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク7-3楽天(16日、ペイペイドーム)

 初回は守備でも大きいプレーがあった。ムーアが先頭の小深田を死球で塁に出すと、楽天は鈴木大の打席で1ボール2ストライクからスタートを切らせてきた、バットに当てるのがうまく、三振が少ないこともあるのだろうが、結果は三振と盗塁死で併殺となった。

 ムーアのフォームがまだよく分かっていないのか、小深田はホームに投げる時に塁に戻ったりしていた。あそこは相手に助けられたともいえる。直後の4点はもちろんだが、ムーアにとってあの併殺も大きかったはず。初回からホークスに流れが傾いた印象がある。

 7回までしっかり投げきったムーアは調子自体も良かった。彼のバロメーターはチェンジアップ。カウント球、相手の様子を見る球、勝負球のいずれにも使えるし、初回に鈴木大を三振に打ち取った球を含め、今日もしっかりポイントで使うことができていた。

 これでチームは6連勝。勝つことを知っているホークスに気の緩みはないと思うが、終盤は一つの負け方で雰囲気が変わることもある。その意味での怖さはあるし、余裕はない。積み重ねたものを手放さないためには、目の前の勝ちにいかにこだわれるかだ。 (本紙評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ