西武の松本が3試合ぶり5勝目 辻監督の助言と決断「前回はひどかったので」

西日本スポーツ

 ◆西武-オリックス(18日、メットライフドーム)

 西武の松本が6回4安打1失点で5勝目を飾った。

 夏場から調子を上げていたが、4日のロッテ戦(5回4失点)、11日の楽天戦(4回5失点)と連敗。辻監督は「前回はひどかったので、その時に話しをした。『一生懸命投げるのは分かるけど、細かく、きっちりという気持ちで小さくならないように。大胆にいくときは大胆にいって。力のあるときは甘くても大丈夫という気持ちでいった方がいい』」と明かした。

 松本は6回まで1四球のみとストライク先行で投球を組み立てた。6回84球と余力を残しての交代について辻監督は「(6回の)T-岡田のところにランナーがいたら代えるということを西口(投手コーチ)から言われていた。T-岡田は合っていたので。そこはすんなりいったので、中途半端に(7回も)いくより勝ちパターンでいった方が後悔しないだろう」と説明した。

 この交代も当たり、森脇、平良、増田の磐石の勝ちパターンで逃げ切った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング