九産大、逆転への執念は実らず「また練習して」優勝決定戦へ

西日本スポーツ

 ◆福岡六大学野球秋季リーグ第5週第2日 九共大6-4九産大(18日・福工大野球場)

 福岡六大学野球の秋季リーグ戦(西日本新聞社後援)第5週第2日は18日、福岡市の福工大野球場で3試合を行い、7勝2敗の九共大が6-4で8勝1敗の首位九産大に逆転勝ち、2018年秋以来の優勝に逆王手をかけた。8勝2敗で並んだ両校は24日午前10時から同野球場で行われる優勝決定戦に臨む。日経大は福工大、福教大は九工大を9-2の8回コールドで破った。福工大が6勝4敗で3位、日経大が5勝5敗で4位、福教大が3勝7敗で5位、九工大が10敗で6位となった。

 初回に先制したが逆転負けした九産大はミスに泣いた。3回1死、内野の失策が絡んで追い付かれ、2死満塁から中堅野口の後逸で打者走者まで生還を許した。「守りのミスが出たのが痛かった」と大久保監督。先発の谷口以降、1回戦で先発した船越ら5投手をつないで最後まで逆転への執念を見せたが及ばなかった。大久保監督は「また練習して決定戦に臨みたい」とライバルとの再戦を見据えた。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング