ソフトバンク1位指名「ほぼほぼ決まっている」抽選覚悟で補強ポイント埋める

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの永井智浩編成育成本部本部長兼スカウト・育成部部長(45)が19日、オンライン取材に応じ、26日に行われるドラフト会議に向けての方針を示した。

 例年はドラフト会議前日に最終的な編成会議を行うが、コロナ禍の今年は実施を避ける方針。永井部長は1位指名について「ほぼほぼ決まっている」と説明。全体の指名数については「そこは勘弁してください。他球団との情報戦もあり手の内は明かしたくない」としたが「1位入札に関してはその年のナンバーワンに行く」と強調した。

 現状ではオリックスが近大の佐藤輝明内野手、ロッテが早大の左腕早川隆久投手の指名を公表しており、今年のドラフトはこの2選手が投打の「目玉」とみられている。ソフトバンクの補強ポイントも内野手と左投手で、永井部長は1位指名選手の明言こそ避けたが「我々として1番いい選手にいく。それで抽選になっても変えることはない」と説明した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ