西武山野辺「凡打」でプロ初お立ち台 辻監督は代打「考えなかった」

西日本スポーツ

 ◆西武2x-1ロッテ(20日、メットライフドーム)

 西武の山野辺が、プロ入り初のお立ち台に上がった。

 同点の9回2死二塁で右翼へ凡飛を打ち上げたが、二塁手と右翼手が交錯し落球(記録は右失)。二走・外崎が生還した。

 お立ち台に上がった山野辺は「まさか落ちるとは思わなかったので、半分、守備にいこうという気持ちもあった。何とか落ちてくれて、ついているなと思いました」と笑みを浮かべた。7回無死一塁では右前打で好機を広げて先制点を導いており、得点シーンに顔を出した。

 9回に打席が回った時点でベンチには山川や、川越も残っていた。辻監督は「(山野辺は)それだけの内容をずっと見せている。チャンスで必死にものにしようという気持ちがすごく前に出ている。(7回の打席も)見事、形にした。山野辺が何かを起こしてくれるんじゃないかという期待で、代打は考えなかった」と説明した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング