相手リクエストで幕切れに辻監督は内心ヒヤリ「アウトと言われたら…」

西日本スポーツ

 ◆西武2×-1ロッテ(21日、メットライフドーム)

 西武が2試合連続のサヨナラ勝ちで勝率を5割に戻した。

 同点の9回1死一、二塁から山野辺が右前打。二走外崎が懸命のヘッドスライディングで本塁に突入した。右翼・福田秀からも好返球で本塁はクロスプレー。球審のセーフの判定に西武ナインはベンチを飛び出して喜び合ったが、ロッテ井口監督からリクエストが要求された。

 大型ビジョンにリプレー映像が映し出されると、外崎の手が捕手のタッチより先にホームベースに触れているように見え、スタンドからは大歓声。リプレー検証の結果、判定は変わらずセーフで、あらためて歓喜の輪ができた。

 辻監督は「外崎の喜び方を見たら大丈夫かな、というのはあったけど。あれだけベンチから(選手が)飛び出して、騒いだはいいが、それが『アウト』と言われたら…と思いながら、ベンチにはいた」と振り返った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング