未勝利の長崎勢が奮起だ ボート王国九州山口!

西日本スポーツ

 予選の争いは後半戦へと移る。地元長崎トリオ(原田幸哉、赤坂俊輔、桑原悠)は予選前半は白星なし。それでも2日目は全員が舟券に絡んだ。それぞれが視線を前に向けて、予選突破をにらむ。

 大将格の原田は3着が今節の最高成績。それでも「悲観するような足ではない。中堅はある」と努めて冷静に機力診断。シリンダー交換を施すなどエンジン面の仕事はやり尽くし、腹は決まった。「あとはレースに集中。Sで窮屈になってばかりで自分のターンができていないので、とにかくS。気持ちを込めたい」。3日目は4、1枠と自力攻めが見込める枠番。迫力のスリットでレースの主導権を握る。

 赤坂は1、2枠で2、5着の成績に「この足では厳しい…」と顔をしかめたが、後半は強敵・峰竜太との接戦をしのいでの5着と、6・00超えの可能性をぎりぎり残した。レース後は時間いっぱいまで整備。4日目に望みをつなぎたい。

 桑原は残り3走で22点が6・00超えのノルマ。4日目には1号艇が待つだけに3日目の2回走りが正念場だ。

 2日目に活躍が光ったのは福岡勢。江夏満が5カド、枝尾賢が4カドから白星を挙げて高配当に貢献すれば、西山貴浩はインからSで後手に回りながら白星としぶとさを発揮。「直線は下がらなくなった」と前検から続いていた悩みの種も一つだけ解消した。

 初日に峰がドリームを制した佐賀勢は、3年前の覇者・深川真二が前付け2コースから差し切って反撃開始。ペラ調整がいい方向で「展示タイムが上向いて押す感じもあった」。これで得点率は6・00。残り2日間も最低でもこのペースで踏ん張る。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング