西武-ロッテ戦 開始わずか1球で井口監督がリクエスト、判定覆らず

西日本スポーツ

 ◆西武-ロッテ(22日、メットライフドーム)

 プレーボール直後にリクエストによるリプレー検証が行われた。

 ロッテは初回、1番藤原が西武先発・ニールの初球を打って右中間を破る当たり。クッションボールを処理した右翼・木村の返球を受けた遊撃・源田が三塁送球、クロスプレーとなって頭から滑り込んだ藤原はアウトと判定された。

 井口監督がリクエストを要求。微妙なタイミングだったが、リプレー検証の結果、三塁・スパンジェンバーグのタッチが先との判定でアウトは覆らず、1死走者なしから再開となった(記録は二塁打と走塁死)。

 ロッテはこの回無得点。その裏、西武は栗山の犠飛で先制した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング