新人王候補の西武平良が今季初セーブ「押し切れた」18戦連続無失点

西日本スポーツ

 ◆西武7-4ロッテ(22日、メットライフドーム)

 西武の平良が18試合連続無失点とし、今季初セーブを挙げた。

 3点リードの9回、2連投中の守護神・増田に代わってマウンドへ。制球に苦しみ1四球を与えたものの、150キロ超の直球を主体に、ロッテ打線をねじ伏せた。

 新人王の有力候補に挙がる20歳は「今日は9回のマウンドでしたが、いつもと変わらない気持ちでマウンドに行きました。ストライクが(思うように)入らなかったですが、力で押し切ることができたと思います。最終回を締めて、とりあえず0(失点)に終えられて良かったな、という気持ちです」と振り返った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング