ソフトバンク松田宣が価値ある一打も珍道中、ベンチから総ツッコミ

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-西武(23日、ペイペイドーム)

 価値ある一打を重ねたソフトバンク・松田宣に、ベンチから総ツッコミが入る一幕があった。

 4回1死二、三塁での中飛は浅く、辛うじて先制犠飛に。同点に追いつかれた直後の6回無死二塁ではサインが判然としなかったか、打席を外して三塁の村松コーチの方へ歩み寄って確認した。

 結局、初球から打って右前打で一、三塁に好機を拡大。一塁・メヒアがベースについておらず返球はなかったが、松田宣は一塁をオーバーランしたところでガッツポーズしており、ベンチの工藤監督はじめ首脳陣はしきりに一塁を指さして帰塁するように促した。

 ベースに戻ってややバツが悪そうに照れ笑いの松田宣。もっともこの一打が効き、チームはこの回一挙4点を勝ち越した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ