西武辻監督「あまりにも簡単に」今井が悔やんだ1球とは

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク8-1西武(23日、ペイペイドーム)

 西武はソフトバンクに敗れ、連勝が4で止まった。先発の今井は6回途中4失点で4敗目。

 味方が同点に追いついた直後の6回。今井は先頭の明石に右翼線の二塁打を許した。続く松田宣には初球の外より真っすぐを逆方向に運ばれ、一、二塁間を破る右前打で一、三塁とピンチが広がった。ここから一気に4点を奪われた。

 辻監督は「あまりにも簡単に松田に打たれたところを反省しないといけない。1点で抑えられるようなケースもできた」と指摘。松田宣は三塁ベースコーチとサインを確認する場面もあった。

 今井は「松田さんが(コーチと)話をしている段階で送りバントとか、次の1点を取りに進塁打を狙いにいくという話なのかとか、もっと自分で観察しながら考えて投球できたら粘れたのではと(投手コーチの)西口さんから言われた。そう考えると、初球に外の真っすぐというのはちょっと単調に入ってしまったという反省です」と振り返った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング