東浜から始まった12連勝、3回り目に突入

西日本スポーツ

 大型連勝の起点となったソフトバンク東浜が、自己最長に並ぶ7連勝をかけて24日の西武戦で先発する。

 8回1失点で勝ち投手になった10日のロッテ戦以降、チームは独走モードに突入。優勝目前となり「投打がかみ合ってチームが一つになって戦っている。チームの勢いにも乗せてもらっている」と雰囲気の良さを実感する。今季西武戦では過去2試合登板も勝ち負けともなし。7月31日以来、約3カ月ぶりの対戦に向け「チームが勝てるのが一番」と語った。23日はキャッチボールなどで調整した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ