ソフトバンク中村晃がどこまでも見せるつなぎの精神

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク8-1西武(23日、ペイペイドーム)

 2番で先発した中村晃がつなぎの精神を発揮した。

 3、5回に四球を選ぶと、1点を勝ち越した後の6回2死二、三塁では死球で出塁。3番柳田、4番グラシアルの連続適時打を呼び込んだ。4点リードの8回に中前適時打を放つと、続く柳田には28号2ランが生まれた。工藤監督は「四死球で塁に出てくれたことが柳田君やグラシアルのタイムリーにもつながった。うまく機能してくれている」と選手会長の献身的な働きをたたえた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ