女子短距離に新星続々 渡辺輝、名前の読みは? ライバルは児玉芽生

西日本スポーツ

 陸上の木南道孝記念は24日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、女子100メートルは福岡大3年の渡辺輝(きらり)が11秒88で優勝した。

 終盤の大接戦を2位と同タイムで制し、「ちょっと驚いています」と目を丸くした。

 9月に日本歴代3位の11秒35をマークし、今月の日本選手権も勝った児玉芽生は大学の同級生でともに練習している。

 長崎・諫早高出身の新星は「今は尊敬する部分が多いけど、いいライバルで仲間。超えられるように頑張りたい」と爽やかな笑顔で語った。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング