執念采配の辻監督「勝つためにはこんな野球しないといけないのかな」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク1-4西武(24日、ペイペイドーム)

 辻監督が執念継投で62歳の誕生日を飾った。今季29セーブ目を挙げた守護神増田からウイニングボールを受け取り、「すんなりとくれました。この時期の試合は日本シリーズしかなかったから。(投手陣が)本当によく頑張ってくれた」と笑顔を浮かべた。

 3回1失点で5三振を奪っていた先発十亀を早々と代えると、4回からは救援陣が無失点リレーで応えた。平井、小川、ギャレットで6回までしのぎ、7回は1点ビハインドで森脇を投入。中村の満塁弾で逆転すると、平良、増田の盤石リレーで逃げ切った。

 辻監督は「勝つためにはこんな野球をしないといけないのかな。1点で踏ん張ってくれたので、逆転勝利につながった」と強調。高橋光に次ぐチーム2位の今季6勝目を手にした森脇は「前の投手がいい投球をしたので、頑張りを無駄にしないように投げた」とブルペン陣の思いを代弁した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング