負ければV逸の西武 松本が炎上…2回途中6失点で自己最短KO

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-西武(25日、ペイペイドーム)

 西武・松本が自己最短の1回1/3でKOされた。

 初回1死二塁から柳田の中前適時打に、中堅手・金子の後逸も重なって2点を先制された。

 2回もリズムに乗れず1死一、二塁から周東に左前適時打を許すと、満塁から柳田に押し出し四球。さらにグラシアルに右翼線2点二塁打を浴び、降板を告げられた。

 2回途中6安打、3四球の6失点(自責点5)。敗れればV3の可能性が完全消滅する一戦で、まさかの炎上となった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング