同世代の豪腕に挑戦状 準硬式からプロ目指す異色の154キロ右腕

西日本スポーツ

 プロ野球のドラフト会議が26日、午後5時から東京都内で行われる。福岡ソフトバンク、巨人は近大の大型内野手、佐藤輝明(21)の1位指名を明言。既に指名を公表しているオリックスなどを含めて競合必至だ。一方、上位指名が確実視される福岡大大濠高の153キロ右腕、山下舜平大(18)は25日、福岡市の同校グラウンドで後輩たちと練習。準硬式からのプロ入りを目指す福岡大の154キロ右腕、大曲錬(22)も同市内の同大学内のグラウンドで練習し、それぞれ「運命の日」を前にした心境を語った。

 準硬式からプロ野球を目指す福岡大の大曲は「緊張しかないです。家でも何かしていないと落ち着かない感じ」とドラフトが近づくにつれ緊張感が高まってきた。「どの球団でも、支配下でも育成指名でもプロになれればいい」とまずはプロのスタートラインに立つことが目標だ。プロの世界ではオリックス山本をはじめ西武今井ら同い年の投手が活躍する。高校時代に対戦した投手もいる。「いつかプロで対戦したい」と大曲は154キロの速球を武器に、同い年のライバルたちと同じステージを目指す。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング