「くるり弾」の次も仰天シーン連発 ソフトバンク柳田の超人劇場

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク7-2西武(25日、ペイペイドーム)

 Vマジックを「2」と減らしたゲームで、千両役者柳田が2度もスタンドを大きく沸かせた。まずは初回。1死二塁で松本の投じた低めの変化球を中前へ鋭くはじき返すと、中堅の金子が後逸。観客席から割れんばかりの拍手が響く中、柳田は大きなストライドでダイヤモンドを駆け、二走の周東に続き、一気に2点目のホームを踏んだ(記録は中前適時打と失策)。

 もちろん今季の本塁打数には加算されないが、珍しい“ランニング2ラン”で貴重な先制点をたたき出し「チャンスでしたし、1打席目から集中して打てた。先制点になってくれてよかった」と喜んだ。

 続く2回には1死満塁で押し出し四球を選び、2打席連続打点。再びスタンドを沸かせたのは6回1死の第4打席だ。カウント2-2から国場の低めのカーブを強振。スイング後には左膝が地面についたが、強烈な打球は左中間フェンス直撃の二塁打となった。23日の西武戦で外角変化球に泳がされて体が回りながら打球を左翼テラス席に運んだ“くるり弾”に続く“膝つき打”。3年ぶりのリーグVを決める一戦でも、主役が観客を魅了してくれるはずだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ