西武戸川、自生初のサヨナラ弾 地元北海道での悔しさがバネ

西日本スポーツ

 ◆イースタン・リーグ 西武4-3ヤクルト(25日、カーミニークフィールド)

 1点ビハインドで迎えた9回にライトへ特大のサヨナラホームランを放ったのは戸川大輔。ライトの防球ネット最上段に突き刺さる、まさに「特大」アーチだった。

 「もちろん、打った瞬間に行ったな、と。高校時代も含めて、あんなに飛んだホームランは初めてですね」とうれしそうに振り返った。

 サヨナラホームランも人生初。「サヨナラホームランってこんなにうれしいものなんですね。自分で試合を決められる、というのが特にうれしいです」と笑った。

 今シーズンは9月に1軍で4試合に出場。地元・北海道の札幌ドームでも初めてプレーした。残念ながら札幌での初安打はならず、「悔しかったです。地元で初めての出場だったので、ちょっと意識しちゃって緊張していたんだと思います」と当時を振り返る。

 その経験を踏まえたうえで、いまファームでは、「追い込まれる前にしっかり甘い球をとらえる。シンプルなことですが、そこを意識して取り組んでいます」と前を向く。「今シーズンの残り試合も少なくなりましたが、最後まであきらめずに頑張りますので応援よろしくお願いします」とライオンズファンに奮起を誓った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング