西武1位渡部は112キロ巨漢「キャラ的にもいい」辻監督評価

西日本スポーツ

 ◆プロ野球ドラフト会議(26日)

 西武は1位で桐蔭横浜大・渡部健人内野手の交渉権を獲得した。

 入札1回目で早大・早川を指名も、4球団競合。当たりくじは抽選順で1人前の楽天・石井GMに引かれた後だった。入札2回目で渡部を単独指名した。176センチ、112キロと巨漢の大砲候補。辻監督の一問一答は以下の通り。

-1位指名を終えて

 早川君、抽選で、まあ当たりくじはなかったというところ。残念だったけど、次は単独で取れたのは非常に良かった。

-渡部の評価は

 映像でしか見てないが(渡辺)GMをはじめスカウトの意見を聞いて、素晴らしいと。ちょっとぽっちゃり、おかわり君タイプですけど、非常に動きも良い。

-長打力もある

 長打力はもちろん、ヒットも打てる柔らかいバッターと聞いている。打点を挙げられるバッターになってもらいたいし、なんかウチらしくていいじゃないですか、キャラクター的にも。

-久しぶりの野手1位(2013年森以来)。

 ずっとスカウトの方、GM、みんなが見てきて判断したんだから、それだけの選手だと思う。私は映像を見ただけだが、なかなか打撃センスもありそうで、長打力も打てるいい選手だなと思った。確実に取りたいというところで、1位指名させてもらった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング