ソフトバンク和田、リーグ最年長ペナントV投手

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク5-1ロッテ(27日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの最年長39歳の和田が、リーグ最年長でレギュラーシーズンの優勝決定日の勝利投手になった。

 今季最速の146キロをマークするなど、6回で82球を投げ被安打3、無失点で今季8勝目。1983年の西武高橋直樹の38歳を上回る年長記録になった。

 「初回から全力で、スタミナが切れるまで投げました。優勝が懸かった試合で自分らしい投球ができて良かった」。日本シリーズでは1年目の2003年と、昨年に日本一決定試合で勝利していたが、ペナントレースの優勝が懸かる「Xデー」に登板するのはプロ18年目で初めてだった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ